« 【更新報告】『十帖源氏』巻一「桐壺」データの改訂版(ver.3)を公開 | トップページ | 【報告】第三回「通常総会」開催 »

2015年4月 5日 (日)

【京都/写本】京都で『十帖源氏』の写本を読む

特定非営利活動法人〈源氏物語電子資料館〉広報担当です。
どうも、こんにちは!

先日の更新から間をあけずに、こちらの報告も。
4月4日(土)に京都にて、『源氏物語』の写本を読む会を開催いたしました。

今回は、ワックジャパンではなく「キンシ正宗 堀野記念館」を二時間だけお借りしていたので、いつもより少なめでした。
『十帖源氏』の「明石」巻の現代語訳の確認をしました。
ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「蜻蛉」巻の「変体仮名混合版」の確認はまた次回ということですね。


■「明石」巻確認事項
・「はずかしげなるさまに心ちあしとてふしぬ」とあるところをどう訳す?
→「あまりにも立派なので、気分が悪いと言って横になってしまいます。」
 「気分が悪い」は「心地悪し」をそのまま訳す形。
(改)「気分が落ち込む」

・桐壺院の登場部分。
→これまで『十帖源氏』現代語訳は天皇以外に敬語は使用しない決まりだった。
 今回の場面では敬語を使用する事になるので、補正をした。


次回の日程は、5月16日(土)の午後1時から午後5時まで。
いつも通り、場所はワックジャパンになります。
よろしくお願い致します。


« 【更新報告】『十帖源氏』巻一「桐壺」データの改訂版(ver.3)を公開 | トップページ | 【報告】第三回「通常総会」開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1913943/59530121

この記事へのトラックバック一覧です: 【京都/写本】京都で『十帖源氏』の写本を読む:

« 【更新報告】『十帖源氏』巻一「桐壺」データの改訂版(ver.3)を公開 | トップページ | 【報告】第三回「通常総会」開催 »